本文へ移動

事業内容

一般廃棄物処理・収集運搬業

一般廃棄物の取り扱い

  • 可燃物(燃やせるゴミ)/ 事業活動に伴って生じた可燃性廃棄物
  • 資源類(有価物)/ 古紙等・空き瓶・空き缶・金属類・衣服類等
  • 不燃物(燃やせないゴミ)/ 廃プラスチック類、陶磁器類など ※流山市のみ対応
  • 大型物(粗大ごみ)/ タンスなどの家具類など ※流山市のみ対応
  • その他廃棄物 / 特定家庭用機器、小型家電類、蛍光灯、タイヤ、消火器、電池類やバッテリー他などはご相談ください。​

 一般廃棄物は大きく分けると家庭より排出される生活系ごみと事業者より排出される事業系ごみの2つがあります。 さらに個別のリサイクル法や各種の法令を遵守する必要があります。 近年増加しております遺品整理。 遺品整理等の片付け後に廃棄される不用品を回収・運搬・処理(適正処理)するためには、その各市区町村等の「一般廃棄物処理業の許認可」が必要です。 廃棄する不要物等を運搬処理を、ご依頼する際は事前にその統括する市区町村等に確認をお願い致します。

産業廃棄物処理・収集運搬業

産業廃棄物の取り扱い

廃プラスチック類※1,2・燃えがら・汚泥※1・動植物性残さ・廃油・廃酸・廃アルカリ・紙くず・木くず・繊維くず・ゴムくず・金属くず※1・ガラスくずコンクリートくず及び陶磁器くず※1,2・がれき類※2 (※1水銀使用製品を含む ※2石渡含有を含む) 
 
産業廃棄物には、あらゆる事業活動に伴うものと特定の事業活動に伴うものがあり様々な業種の事業所から排出され分別種類も多く処理方法も多様です。また、排出される廃棄物を「廃棄物管理票」のみでの対応や管理だけではなく事業者様ご自身が種類と性状等を把握し当社に正しく伝えて頂くことが必要で大切なこととなります。

資源化事業

リサイクル品の取り扱い

  • 古紙類 / 新聞紙・雑誌等・ダンボール・牛乳パックなど
  • 金属類 / 金属・非鉄・空き缶( スチール缶・アルミ缶・一斗缶など )など
  • 廃プラスチック類 / PETボトル・PE・PS・ABS・発泡スチロール・トレーなど
  • その他 / 空き瓶・衣服類・雑品など ※詳しくは、お問い合せ下さい。
廃棄される物の中には資源化できる物があります。 廃棄物を分別し再生資源を取り出せれば限りある資源の循環保護に繋がります。

お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 04-7155-3022
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る