本文へ移動

マニフェスト制度

マニフェストとは

産業廃棄物の処理委託の際に必要な書類(伝票)

産業廃棄物の処理を委託する際に委託者(排出事業者)が発行する伝票のことを言います。日本のマニフェスト制度はアメリカの有害廃棄物管理制度を参考にして導入され、以後マニフェストのことを「産業廃棄物管理伝票」と言われるようになりました。産業廃棄物の排出から最終処分までの処理が適正に行われるよう、マニフェスト制度による適正処理管理が義務付けられました。

確かな未来をつくるマニフェスト

マニフェスト制度とは

マニフェスト制度は1990年に環境省の指導により始まりました。
産業廃棄物の収集・運搬・中間処理・最終処分などを処理業者に委託する場合、排出業者は処理業者へマニフェストを交付し、適切に処理が行われたことを確認するための制度です。
排出事業者は自らの責任において産業廃棄物を適正に処理することが義務付けられております。そのため第三者にその処理を委託する場合、処理が完了するまでの一連の流れについて詳細に記録した「マニフェスト(産業廃棄物管理票)」を交付し把握する必要があるのです。
廃棄物を排出する事業者が廃棄物に関する情報をマニフェストに記載し、廃棄物に添えて収集運搬業者や処理業者に渡し適切な処理を行いこのマニフェストの「発行・回収・照合・保存」を義務付けているのが「マニフェスト制度」ということにります。
※マニフェスト【manifest】・・・産業廃棄物管理票。回収から運搬、適正処理までの確認伝票のこと
 
●マニフェストに記載する内容
 産業廃棄物の種類/数量/運搬業者名/処分業者名 など
●マニフェストの役割
 ・産業廃棄物が適切に処理されたかの確認
 ・産業廃棄物の処理の流れの記録
 
マニフェスト制度により、不適正処理による環境汚染や社会問題となっている「不法投棄を未然に防ぐ」ことができます。

排出事業者が産業廃棄物処理を委託する場合の委託基準

排出事業者が産業廃棄物を委託する場合には、「委託基準」により運搬、処分についてそれぞれ産業廃棄物集運搬業、産業廃棄物処分業の許可を有する者その他環境省令で定める者に委託しなければならない。また運搬については産業廃棄物収集運搬業者と処分については産業廃棄物処分業者とそれぞれ施行令に定める基準に従い委託契約を書面により直接結びます。
 
●契約の際の確認事項
  • 委託する業者は都道府県知事等の許可を受けている
  • 委託する内容が許可内容とあっている
  • 業者が処理基準を満たしているなど
 
※排出事業者がマニフェストに関わる義務に違反した場合は罰則が適用されます。
株式会社流山クリーンサービス
〒270-0107
千葉県流山市西深井519-1
TEL 04-7155-3022
FAX 04-7128-7853
 
営業日・営業時間
営業時間
9:00~17:00
土日、祝日は休業日となります
 ※土曜日は収集運搬業務のみ対応
   (定期回収、事前依頼制)
2021年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
0
0
4
6
1
6
TOPへ戻る